ED治療薬の購入はネットの方が安い

ED治療薬のような海外医薬品は日本で販売認可されているものなら医師に処方してもらうこともできます。
でも、医師の処方となると診察代がプラスされるので薬代だけではすみません。
そして、ED治療薬の処方は健康保険が適用できないのがネックとなっています。
健康保険とはご存知の通り、日本国民が受けられる権利であり、病気や怪我の治療時に保険証を提出することで医療費負担が3割にまで抑えることができる制度です。
ただ、すべての病気や怪我の治療に適用できるわけではありません。
原則として、自身の健康や社会的な問題につながるような日常生活にリスクが伴う治療に適用できるとしています。
一例ですが、美容整形、健康診断、予防接種、インプラント、わきが治療、出産などは自由診療と言われ、健康保険を使うことができないので医療費は全て自己負担となります。
そして、その中にED治療薬の処方も含まれているわけですね。
ED治療薬の薬価は、新薬は1錠1500円~2000円、ジェネリック医薬品は1錠200円~500円が相場とされています。
医師の処方ではジェネリック品の扱いはなく新薬のみとなりますので、1錠出してもらうだけで5000円程度は見ておく必要があるでしょう。
これでは、とてもじゃないけど経済的とは言えません。
そこで活用するのがインターネット通販です。
海外医薬品のネット通販はいわゆる個人輸入になりますが、医薬品の個人輸入は法律でも認められている入手手段ですので心配はいりません。
ネット通販なら薬価代金のみですので、相場価格で購入することができるでしょう。
またまとめ買いをすることで、相場よりも安く購入することだってできます。
ちなみに個人輸入では新薬、ジェネリック医薬品のどちらでも購入可能です。
個人輸入を行う通販サイトは、個人輸入代行サイトです。
日本で営業している個人輸入代行サイトはいくつかありますが、活用するのなら大手を利用しましょう。
大手ならより多くの薬を取り扱っていますし、何よりも安全に利用できるというのが大きなメリットです。
残念ながら個人輸入代行サイトはどこも同じではありません。
サイトの規模はもちろんですが、中には悪質な運営するサイトもあるだけに簡単に利用を決められるものではないのが現状です。
もしも悪質な個人輸入代行サイトを利用すれば多くのトラブルが予測されますが、本物が送られてくる保証すらないのが問題なのです。
体内に入れるものですので、偽造品の服薬は大変に危険で、健康への悪影響も懸念されるでしょう。
だからこそ、利用者が多く、口コミ評価も高い大手がおすすめされています。
安全性さえ確保されていれば個人輸入なら日本では手に入らない薬も安く入手できる利点があります。
また、継続的に利用をしていくことを考えたら経済的に入手できなくては意味がありませんので、薬代を節約したいという方は薬事法に従う範囲で活用してみるといいでしょう。

Comments are closed.